ビットコインの将来性ネットワークビジネスはネズミ講とは違う

ビットコインの将来性ネットワークビジネスはネズミ講とは違う チームイエスは、ビットコインの運用でネットワークビジネスを行っている会社です。
ネットワークビジネスはMLM、すなわちマルチレベルマーケティングとも呼ばれ、ネズミ講と仕組みが似ているものの、そのコンセプトは大きく違っています。
両者に共通しているのは、口コミや勧誘で広められていく点と、購入者が販売員となりピラミッド型の組織を形成し下位の人数と上層部の収入が比例するという点です。
これは、特定商取引法に基づいた連鎖販売取引というスタイルです。
しかし、マルチレベルマーケティングが商品取引を目的としているのに対し、ネズミ講は商品が存在せず金品だけのやり取りや、最初にそのビジネスを始めた人たちしか儲からないものとなります。
そのため、ネズミ講は特定商取引法に違反しており違法となります。
一方マルチレベルマーケティングはどのような商品を扱っているのかが明確で、その商品の良さを購入者が実感したうえで勧めて広がっていきます。
そのため理にかなった合法的な手法です。
お友達を紹介すると特典がもらえるキャンペーンなどを実施している企業は数多くありますが、それもマルチレベルマーケティングの一種と言えます。
つまり商品の価値を理解した人が口コミで宣伝していくという極めてまっとうな方法で、マルチレベルマーケティングは成立しているのです。

ビットコインの将来性ネットワークビジネスにおけるビットコイン運用

ビットコインの将来性ネットワークビジネスにおけるビットコイン運用 チームイエスの経営は、マルチレベルマーケティング本来の姿に基づいた正当な方法で行われています。
AIトレードによるビットコイン運用のための契約料を支払い、AIトレードでビットコインを増やしつつ紹介ボーナスでも利益を得るという単純明快なスタイルです。
またマルチレベルマーケティングで利益を拡大していくには紹介による人員増加が不可欠です。
しかし登録すると配当ボーナスがあるので、それだけでもある程度の利益が生まれますし、チームイエスから紹介を強要されることはありませんので自分のペースで資産運用が可能です。
マルチレベルマーケティングである以上、もちろん紹介するとそれ相応のボーナスも獲得できます。
わかりやすい紹介ボーナスは間接紹介で、契約レベルに応じてアフィリエイト報酬が発生するタイプです。
その他に共存共栄プログラムを取り入れたバイナリーボーナスや、マトリクスに参加している人が獲得できるマトリクスボーナス、紹介者がトレードを継続するともらえる更新ボーナスがあります。
チームイエスはトレードが不慣れな構成員にも利益が分配されるよう考慮していますので、安心してビットコインを増やしていける優良企業です。

新着情報

◎2019/3/1

サイト公開しました

「仮想通貨 運用」
に関連するツイート
Twitter