利益を分散する社会貢献活動

利益を分散する社会貢献活動 チームイエスでは、仮想通貨を活用したビジネスにおいて得た収益の5%を寄付に回しています。
一般企業がこのように寄付などを行うことは企業の社会的責任と言われます。
大手の企業では環境保護や文化的な支援などを行うことで、社会への貢献を行っているのです。
例えば植樹などを行っている場合は環境保護、海外の子どもたちへの学業支援を行っている場合は文化支援などですが、広範囲でなくとも必要なところに必要な支援を行うことは近年非常に重視されており、こうした支援の必要性が叫ばれています。
チームイエスの行っている寄付は世界中の子どもたちに向けたものです。
世界中で飢餓に喘いでいる子供たちを救うためのプラットフォームを作成しており、参加しているユーザーがどこに寄付したいかを選ぶことも可能です。
自身の利益だけではなく、世界へ向けた目的として掲げており、チームイエスは今後もこうした支援活動を続けることでしょう。
参加者全員の利益の一部を寄付するということで、個々人での利益は少なくとも、多数の利益を合わせることで大きな社会貢献へつなげています。
現在行っているのは飢餓に対する支援が主ですが、今後もこうした支援活動を続けていくことには大きな意味があると言えるでしょう。

成功者の証レーシングカーでイベントを行っている

成功者の証レーシングカーでイベントを行っている チームイエスのメンバーで構成されたイエスレーシングでは、車好きにはたまらないレーシングカーを所持しており、展示会などへ出展しています。
新年早々、幕張メッセで行われたTOKYO AUTO SALON 2019へという大きな場への出展も2年連続で果たしています。
2019年の出展では、代表である磯貝氏の車はメインストリートの一番角、という最高の場所に展示されました。
色は昨年は赤と黒で力強いイメージでしたが、今年はティファニーブルーで、堂々と輝いていました。
チームイエスでは、もちろんメンバーの車も展示されています。
スーパーカー所持者に声をかけ、全国で展示会を開き、車好きの方たちに鑑賞してもらっています。
スーパーカーが好きで興味があっても、高額のために所持できる人は限られてきます。
しかし、目の前でかっこいいスーパーカーが並べられているのを見て、自分も頑張ろうと思ってもらえることが、チームイエスにとってもうれしいことなのです。
寄付や植林といった社会貢献活動も大切ですが、誰かに勇気や意欲を与えることも大切です。
色とりどりのスーパーカーが陳列している様子は圧巻ですから、1か月に1回から2回、展示会を開いているので車好きの方は是非足を運んでみることをおすすめします。

新着情報

◎2019/3/1

サイト公開しました

「仮想通貨 社会」
に関連するツイート
Twitter

社会のせい、会社のせいにしない。 自分自身のできることは何かを考える。 〈マック〉で眠るより、 100社でも200社でも受けたらどうか。 #投資 #仮想通貨

仮想通貨社会的な背景や立ち位置を考えても、この半年の悲観の中で終わっていく筈がありません。 テクニカル的な観点からも、半年間意識されている6000$あたりを大きく割ったとしても数年のうちに価格は回帰します。

仮想通貨社会的な背景や立ち位置を考えても、この半年の悲観の中で終わっていく筈がありません。 テクニカル的な観点からも、半年間意識されている6000$あたりを大きく割ったとしても数年のうちに価格は回帰します。

TwitterBLEACH一角仮想通貨@asdbdeh11370559

返信 リツイート 1:09

それまでは 人々は 仮想通貨を 奇異な目で観ていました 今では 社会的認知を済ませています 問題はまだ山積みですが...

「タピオカが闇社会の資金源になっている」というニュースを見て、タピオカの方が暗号通貨(仮想通貨)より信用があるのではと思うなどした。金銭ではなく、タピオカのクラウドファウンディングとか出てこないかな。企業に失敗したら、タピオカミルクティを売ればいいし。

分散管理の仮想通貨を一つ作るというのは、一つの社会を作るようなこと。通常、社会は自作でない。サトシはそれをやってしまった。これまでは紙と鉛筆で描かれていただけの構想が、電子空間に実在を与えられた。メモ

ビットコインの高水準が衰えることなく継続中です! ビットコインは投機目的ではなく、やがて来る仮想通貨決済社会の実現に備え、一定額保有しておくことをオススメします💰 pic.twitter.com/sTs98WnwZ9

Twitter将@投資・副業情報局@Investaisho

返信 リツイート 昨日 21:49

仮想通貨業界は、これまで複数の顧客資産の盗難事件を起こしており、2018年に大量の業務改善命令も出ています。これにより規制が過度に厳しくなったと言う意見もあり、今後の規律の維持は業界全体の社会的責務と言えます。

会社は東京大学と提携し、仮想通貨という先進的ではあるが問題も多い業界に属し、4億を超える多額の出資金を集めています。それ故、通常の企業より高い社会的義務があると考え、私はリスク及びコンプライアンスの観点から上記指摘をしました。

社会的勢力は仮想通貨の次はタピオカ屋やってるんですね、わかります。