仮想通貨の未来

仮想通貨の未来 チームイエスが取り扱う仮想通貨とは、主にビットコインです。
ビットコインとはインターネット普及の世の中だからこそ生み出された、インターネットの世界で使用する仮想通貨の一種です。
ネット環境さえあればどこでも使うことができ、国境もない利用価値の高い通貨と言えます。
例えば紛争地帯には通常なら渡航制限がかかり近付くことすら難しいですが、このような地域にもネットを利用して送金することができます。
また、近年ではネットの世界だけでなく実際の店舗でもビットコインを取り扱う店舗が出てきました。
ビットコイン取り扱いのマークが有ればスマホをかざすだけで、その国の通貨を持たずとも買い物ができるという夢のような通貨です。
チームイエスではこの仮想通貨をAIトレードによるマイニングで利益を上げる仕組みを提供しています。
マイニングとは発掘という意味です。
ビットコインの取り引きを承認することで得られる利益がビットコインで、取り引きを承認する作業をマイニングと言います。
この作業には膨大な計算量とパソコンの知識が必要となるため、人間が行う場合は簡単には利益を得られません。
そこでチームイエスでは、このマイニングの作業をAIで行うAIトレードを活用しています。

ビットコインの将来性

ビットコインの将来性 チームイエスがAIトレードによるビットコインを取り扱う理由としては、ビットコインの将来性が非常に有望という点です。
ビットコインは小額での取り引きが可能である点がまず挙げられます。
ニュース等で1BTCの価値が100万円になったという情報を見聞きしたことがあると思います。
1BTC買うのに100万円掛かるということですが最小の投資額は1BTCの1億分の1の価格から購入することができます。
更に発行枚数上限が決められているという点が他の現実世界の通貨には無い特長であり利点と言えます。
インフレ等により通貨価値が下がるという心配がありません。
上限は2100万枚とされており、短期間での価値の乱高下はあるものの将来的に大量発行されて価値が暴落する心配がありません。
ビットコインが発行上限に達するのは西暦2140年ころとされていますので、あと120年以上先の話になり安心です。
このようにビットコインには可能性があり、そこにいち早く目を付け取り扱いを始めたチームイエスのAIトレードはこれから更に人気になると考えられます。
ビットコインは投資対象としての価値、また送金方法の利便性などから価値が上昇しています。
国際送金が必要な個人ユーザーや企業によってビットコインの価値が上がったと言え、チームイエスは今、注目の企業とも言えます。

新着情報

◎2019/3/1

サイト公開しました

「仮想通貨 未来」
に関連するツイート
Twitter